幸福の科学 ヘレンの会 - 音訳サービスの詳細

ホーム » 音訳サービスの詳細

音訳サービスの詳細

■経典、書籍、雑誌の音訳サービスの詳細について

この音訳サービスは、幸福の科学信者で松本支部所属の視覚障害者の方が、ご自身の学習のためにボランティアを募り、書籍や経典の録音図書を製作し始めたものを基礎としています。その後、この主旨に賛同した有志により大部分の既刊経典、書籍、布教誌、雑誌などと内容が充実されたものを、信仰を同じくする視覚障害者および視覚障害者への伝道の一助のために貸し出し、および一部無償提供を行なっているものです。

郵送用の封筒や材料費は信者の方々の尊いお布施でまかなわれております。貸し出しされる方ご自身の善意や音訳のための読み手ボランティアの方の時間的労力も含め、感謝の気持ちで利用させていただきましょう。
原本である書籍や経典を頂いているか、同等の御奉納を最寄の支部や精舎にてされた信者の方に貸し出し等をさせて頂いております。

貸し出しリストにあるテープはより聞きやすいものを残すようにしておりますが、年代が経った古いものや朗読、録音技術など含めて聞きづらい点がある場合があります。
元々プライベートの活用と有志の協力から始まったものであるという、上述の主旨を充分ご理解の上、利用されますよう宜しくお願い致します。


■経典、書籍、雑誌の音訳サービスを利用するための手続き

利用ご希望の方は、まず、その旨を03-5793-1727へお電話下さい。
お電話いただいたあと、音訳サービスをされている方をご紹介させていただきます。

【1回目の貸し出し時】
その後のやりとりで間違いがないようにするために、まず利用希望者の郵便番号、住所、氏名、所属支部、連絡先、希望書籍等をメール(info@helen-hs.net宛)またはFAX(03-5793-1713宛)にて送付いただきます。
書籍等の送付先は、利用者のご自宅とさせていただきます。支部、拠点などへは送付できませんのでご了承ください。
また、サービスの向上と第四種郵便物適用の確認のために、障害の程度をお聞きする場合がありますので、お差支えのない範囲でご協力下さいますようお願いいたします。

【2回目以降の貸し出し時】
2回目以降は、ご紹介した方と直接やりとりしていただきます。

貸し出しを受け付ける対象は、以下のとおりです。
1. 幸福の科学信者で視覚障害者の方、およびその方のお世話をされる家族や友人・知人の信者の方。
2. 視覚障害者を伝道している信者の方。
3. 身体的理由により、書籍などを読むことが苦痛な方。

貸し出しにあたってのルール
・ 貸し出しリストにはテープがあるものとデイジー(障害者用圧縮音声CD)があるものが分かるように記載されています。(デイジーについてご不明の方は、ご紹介した方に直接お問い合わせ下さい)
・ 貸し出し期間はテープが届いた日から2週間以内に返却。一回一タイトルが原則です。
・ 【教典、書籍】テープに関しては貸し出しのみ。デイジーに関しては差し上げることが可能です。
・ 【布教誌、雑誌】テープまたはデイジーで差し上げることが可能です。
・ 伝道のために、布教誌の特定のテーマを抜粋したテープ、CDをご希望の方はご紹介した方に直接ご相談ください。
・ 貸し出しを受けるにあたっては、貸し出しを希望する方が原本(書籍や霊言全集)を拝受しているか、原本と同等の感謝奉納を支部にされていることが前提になります。
・ 音訳がないものについて、利用者からのリクエストがあれば受け付けます。ただし、読み手のボランティアの方が限られていますので、時間がかかる場合がありますのでご了承ください(読み手のボランティアを希望する方がお近くにおられましたら、ぜひご紹介ください)。
・ 返却される際に点字が付いていないメモや手紙は入れないでください(第四種郵便物としての違反になります)。連絡事項があれば電話かメールにてお知らせください。